仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

ビットコインの詐欺や事件まとめ!有名人・芸能人も被害…

   


この記事は私がまとめました

ビットコインと私が出会ったのが2015年。その時の怪しいイメージのビットコインは今ではほとんど薄まりました。怪しいイメージを植え付けた事件は結局どんな事件だったのかを解説します!

bitcoinotakuさん

ビットコインがまだ怪しいと思っていませんか?
ビットコイン事態は今まで一度もハッキングされたこともない、世界トップクラスで高いセキュリティを実現している通貨です!
しかしそんなビットコインが怪しいと思われるきっかけとなったビットコイン関連の事件とは一体何だったのか、今このタイミングで振り返ってみましょう!

ビットコインの事件最大の詐欺事件!?2014年のマウントゴックス事件

マウントゴックスと言えば日本にあった会社で当時ビットコイン取引で世界の半分を占めていた企業です。
そんなマウントゴックスの事件はいったいどんな事件だったのでしょうか?

2014年3月7日から10日間の間に、マウントゴックスにて115億円相当のビットコインが消失する事件が発生しました。その手口とはシステムの不具合を利用してビットコインを不正流出させられたとの見解で、犯人は外部の犯行とみられていました。もちろんビットコインを消失させたことについて社長であるマルク・カルプレス氏は報道陣の前で謝罪会見を開いています。

マウントゴックス社の社長は最初は被害者のようにふるまっていましたが、実は社長が横領していた疑惑が浮上し、事件が急展開します!

消失だと思っていた矢先、実は社内での不正利用による消失だと判明しました。
マルク・カルプレス社長が最も怪しいとされてきた中、社長自身の口座のデータを改ざんして水増しをしていた疑いが生じ、不正利用に関与していたとしてマルク・カルプレス社長が逮捕されました。

マウントゴックス事件の影響は大きくあの有名人も被害に!

ビットコイン投資に失敗した芸能人では、お笑い芸人ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがいます。

ただ田村さんの場合は、正確に言うとビットコイン投資自体を行って失敗した訳ではありません。ある事に巻き込まれて保有していたビットコインに損害が出てしまい、結果的に損失が出てしまったケースになります。

その田村さんのビットコインに損害が出てしまったある事とは、まだ記憶に新しい3年前に発生したマウントゴックスの消失事件です。

ロンハーでおなじみのロンドンブーツ一号二号の田村さんもマウントゴックス事件の被害者で、当時ツイッターで被害について告白しています。

俺のビットコインどうなるんだろうか‥

様々な憶測を呼んだビットコイン最大の詐欺事件は実は詐欺ではなかった?

ビットコイン最大の詐欺事件と言われたマウントゴックスの事件は様々な憶測を呼んだにもかかわらず、実は最終的に詐欺事件ではないとの結論がでました。

事件の真相はどうあれ、被害者からしたらお金が返ってくるかどうか!
なんと今回被害を受けた方は、破産をした当時のレートでの日本円の返金が認められました!!

しかし、被害者の人達への返金は当時持っていた"ビットコインでの返金"ではありません。
今持っていたら得られているはずの金額の数十分の一金額しか返ってこないのです。

さらに今回の返金でしこりが残ることがあります。
それは当時のビットコイン価格を日本円で返金するため、その額を払っても余りある金額が残ります。

なんと、そのお金は破産をさせた社長の懐に入るとのこと!
その額なんと1800億円!
破産させておいて、1800億円も懐に入ってくるとは何か裏がありそうだとしか考えられない結末ですね。

結局この問題で利益を得たのはマウントゴックスの経営陣でビットコインを失った人は稼ぐ機会を失っただけでした。

さらに、日本でのビットコインの知名度が高くない時期に起きた巨額詐欺事件のような触れ込みだったため、「ビットコイン=うさん臭い」というイメージを付け日本での普及に時間がかかってしまいました。

ビットコイン取引所であったマウントゴックスのビットコイン消失事件による経営破綻、シンガポール取引所ではCEOの死亡、そして元社長の逮捕→裁判、何かと悪いイメージが付きまといます。

ただこれらの一連の報道の裏で一つ言えることは、ビットコイン自体の問題ではなかったということです。

マウントゴックス社の事件で、ビットコインが消滅したと勘違いされている方がいますが、消滅ではなく、横領されたのです。会社の不正であり、ビットコインのシステムには問題ありませんでした。このような不正が再発しないよう法改正が進んでいます。 pic.twitter.com/TOjNuEeaJX

他にも報道されたビットコインの事件はすべて「ビットコインのネガティブキャンペーン」

マウントゴックスという大きな事件が起きた以外にも日本で報道されたビットコイン関連の事件や報道はビットコインのイメージ下げるための「ネガティブキャンペーン」ともいうべきものばかりでした!

ビットコインに関連する報道については大きく3つのパターンに分かれます!

ページ: 1 2

 - 未分類

×