仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

ビットコインの種類について【ビットコインがフォーク(分岐)したコイン】

   

ハードフォーク・・・前の仕様は使えなくする(一新させる)

【ちょっと専門的な説明】

ハードフォーク

仮想通貨のブロックチェーンの完全な分岐のこと。もとのブロックチェーンとは別の通貨として存在し、二度と合流することはありません。互換性がないアップデートだといえます。
ハードフォークの反意語はソフトフォーク(互換性のあるアップデート)です。

ソフトフォーク

ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則をより厳密なものに変更することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。ソフトフォークの際には、新しい検証規則に則って作成されるブロックおよびトランザクションは、古い検証規則を利用する検証ノードも含めて、すべてのノードにおいて有効とみなされます。

通常のブロックチェーンのルールでは、よりチェーンが長いほうが正しいとされ、短いほうは消えることになる。

◆ ビットコインキャッシュ

2017年8月1日の「ビットコインの分裂」は、このビットコインの根幹ともいえるブロックチェーンの分岐によって引き起こされました。

こちらは ハードフォーク なのでビットコインから生まれた別の仮想通貨と考えてもらうと分かりやすいと思います。

◆ ビットコインゴールド

10月24日にビットコインから分裂(ハードフォーク)する事によって「ビットコインゴールド(BTG)」という新たな仮想通貨が誕生しました。

日本時間、11月13日の午前4時時点で、ビットコインゴールド(BTG)がリリースされたようです。

ビットコイン(bitocoin)の分裂によって生まれたビットコインゴールドはマイニングをよりかんたんにできるようにするために作られたそうです。

◆ ビットコインダイヤモンド

2017年11月24日にビットコインから誕生したビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond/ BCD)

ビットコインダイヤモンドはビットコインからハードフォークをする事によって誕生した仮想通貨のうちの一つです。

ビットコインの仕様をいくつか改良し安価な送金手数料やスピーディーな送金を実現するとしています。総発行量もビットコインの10倍とする事で利便性を向上しようと試みます。マイニングも集中化を避ける為のルールがつけられる予定です。

「ビットコイン」という名前が付いていますが開発者などは異なり、新たな仮想通貨という認識を持つことが重要です。また、今後開発が行われるのかどのような進展があるのかは不透明ですので注意しましょう。

◆ スーパービットコイン

イーサリアム(ETH)のスマートコントラクト、ライトコイン(LTC)でテスト成功したライトニングネットワーク、ジーキャッシュ(Zcash)のゼロ知識証明、ビットコインキャッシュ(BCH)の8MBのブロックサイズ等、様々な通貨の良いとこ取りをしたスーパーなビットコイン「スーパービットコイン」が生まれるようです。現在のビットコインの状況をみて、ビットコイン再生すると意欲を見せています。中国の開発チームで中国で期待されて中国マネーが流れ込むと言われています。

◆ ライトニングビットコイン

ハードフォークブロック数:#499999

ハードフォーク予定日時:2017/12/23予定(ブロック数に依存する)

ライトニングビットコインの主なセールスポイントはビットコイン迅速化です。ブロックサイズ2MBを維持し、処理時間3秒を達成します。数か月前の8MBブロックのフォークと比較するとペースの変化は興味深いです。目的は毎秒千から一万の取引を処理することで、もちろんこれを達成すればビットコイン系コインとしては記録的進化となります。

◆ ビットコインシルバー

Bitcoin Silverを入手するにはどうしたらいいですか?

Bitcoin Silver(BTSI)の初期コイン分配方法は、Bitcoin Cash(BCH)で使用されているものとまったく同じです。12月にBTC秘密鍵を所有しているBitcoin保有者は、BTC = 1のBTSIのBitcoin Silverを受け取ることになります(20のBTCをお持ちの場合は20 BTSIを受け取ります)。Bitcoin Silverトランザクションを作成するには、BTC秘密鍵を制御する必要があります。

ページ: 1 2

 - 未分類

×