仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

コインチェック、流出した5.23億XEMの463億円相当を自己資金で保障

   

コインチェック、流出した5.23億XEMの463億円相当を自己資金で保障

「顧客保護を最優先に」

5.23億XEMを流出させた国内大手取引所のコインチェックが、28日午前00時26分、保有者26万人に対して全額補償すると発表した。補償はJPYで行われる見込みで、流出時から発表時までのVWAP価格88.549円を用い、相当する463億円を自己資金ですべて賄う。

27日の記者会見でコインチェックは、仮想通貨NEMの管理を物理的に秘密鍵や署名機能をオンライン環境から切り離したコールドウォレットではなく、その全額をオンラインに接続されるホットウォレットで行なっていたとしていた。また、送金時に複数の署名が必要なマルチシグも講じていなかった。

コールドウォレットはインターネットを通じた攻撃に対して有効であり、マルチシグは物理的・電子的な犯行について、単一の秘密鍵のみを盗み出せた(見た)としても署名が完了しないため、とりわけ内部犯行やソーシャルエンジニアリング、襲撃などに対して有効だ。もっとも、2016年夏に起きたBitfinex事件のように、マルチシグなどの対策を講じていても適切な運用がなされていなければセキュリティ面での効果が得られないという現実もある。

ページ: 1 2

 - 未分類

×