仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

ビットコインの価格はまだまだ上昇する?買うにはどうすれば良い?

   


この記事は私がまとめました

最近よく聞く「ビットコイン」。買ってみたいけど、リスク高そう…と思っている人も多いと思います。ビットコインとはどういうもの?どういうリスクがある?リスクを回避するには?という疑問と答えをまとめました。

そもそもビットコインとは何なのか?

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

ビットコインはガンガン値上がり中

仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」の価格が、10月12日に過去最高値を更新。一時期は価格が下落していたビットコインだが、再びの高騰にネットが大盛り上がりだ。

なぜこんなに値上がりしているの?

このところ仮想通貨ビットコインの価格が乱高下している。これまでビットコインは主に中国人投資家が購入していたが、最近の急激な価格上昇は日本人投資家による影響が大きい。

人気上昇に伴い通貨価値が増加すると予想する投機家により頻繁に投機目的で取引されている。

ビットコインは発行数の上限が決まっています。たとえば、法定通貨は景気対策等で政府が自由に発行できますし、上限も無いようです。

つまり、無計画に見えるビットコインですが、法定通貨に比べて計画的に発行されているのです。

希少性がある上に投機マネーが流れて爆発的に値上がりしている模様です。

今後の値動きはどうなる?

一部ではバブル崩壊が囁かれていますが、AI・専門家ともに今後も値上がりすると予想。

トーンベイ氏の発表では「ベイズ分析」という手法によって、2018年末までにビットコインの価格は10万ドル(約1,100万円)を超え、時価総額は数兆ドルに達するという予測がなされている。

ビットコインの2018年価格は「 1BTC=220万円 」を記録すると、人工知能未来予測プログラム「ウェブ・ボット( Web Bot Project )」が予測しました。

購入するリスクは無いの?

価格変動リスクは相当にあります。実際に2017年9月に一時暴落した際には、阿鼻叫喚の様相になっていました。

9月15日頃から、仮想通貨である“ビットコイン”の価格が大暴落。ネットは「底なし沼」「バブル崩壊レベル」「もはやギャグ」「ゲロ吐いた…」と阿鼻叫喚の様相となっている。

13日未明時点では1BTCあたり45万円前後で推移していたが、15日朝方には35万円以下まで下落、15日昼頃の時点では少し持ち直して約37万円へと推移したものの、その後再び下落が始まった。ビットコイン価格の急激な下落に、ネット上は「ビットコイン終了のおしらせ」「これはキツイ展開」「お願いだから戻ってくれ…」「暴落フェスティバルかよ引くわ」と大パニックに。

リスクを回避する方法は?

価格変動リスクを避ける方法はありません。全て自己責任となります。ビットコインを売買する取引所のページにも「ゼロになる可能性もある」と記載されています。

仮想通貨価格は日々刻々と変動しています。お客様の仮想通貨取引・保有時に仮想通貨価格が急激に変動、下落する可能性があります。

仮想通貨の価値が購入時の価格を下回るおそれがあること、またはゼロになる可能性があることも重ねてご認識ください。

リスク承知で買う場合、どうすれば?

 - 未分類

×