仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

財布がなくても生活できる?「手をかざすだけ」の時代がそこまで来てる

   


分厚い財布持ってませんか?

コンビニ、レストラン、スポーツ店・・・気付けば財布の中には何十枚ものポイントカードが入っていて、かさばる上に管理しきれない

クレジットカード業界としては「すべての決済をクレジットカードに置き換えたい」と思って、さまざまなサービスを展開してきた

もし膨大な量のカードの管理が自分の指紋一つで済むとなれば、利便性が格段に向上するのは間違いない

そこで出てきたのがコレ!

レジで事前に登録した指紋をかざすと、予め入金しておいた金額から買った品物の代金が自動的に引かれるシステム

ポイントカードも指紋認証に

店頭では、カード提示の代わりに自分の指を専用端末にかざすだけ。ユーザーは大量のカードを持ち歩く必要がなくなり、必然的に紛失の心配も無用となる

他にも、スマホで決済できる仕組みも

スマートフォンやタブレット端末がクレジットカードの決済端末になる「スマホ決済」のサービスが充実してきました

公式スマホアプリで登録した『majica』がアプリ内でバーコードとして表示できるようになり、会計時にアプリの画面を提示するだけでドン・キホーテグループ店舗(一部店舗を除く)でのお買い物が可能

銀行はカードいらずに

イオン銀行は来年3月から指紋の認証だけでATMの取引ができるようにする

利用者は手ぶらで素早くお金を引き出せるようになり、利便性が向上する。キャッシュカードや暗証番号がいらず、指紋など生体認証だけでATMの操作ができる

キャッシュカードや通帳がなくても「手のひら」だけでお取引いただけるATM「ピピット」をはじめとした

手のひら静脈認証で本人確認を行うことで、ATM利用者は通帳・カードがない場合でもATMで金融サービスを受けることができます

指紋のように表面の摩耗や乾燥など体表の影響をほとんど受けることなく、スムーズな登録・照合が可能です

実験が始まった顔認証

NECは6月21日、同月下旬から本社ビルで顔認証を活用した決済サービスの実証実験を開始すると発表

顔認証によるキャッシュレス・カードレスの決済の実効性を確かめる

今回は事前撮影・登録した社員の顔画像と、POS端末の近くに設置したカメラで撮影する顔画像を照合して本人確認を行う

 - 未分類

×