仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

世界が注目!話題の仮装通貨Quanta(クオンタ)とは?

   


仮想通貨とは?

仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。[1] 米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。

仮想通貨の特徴

1. 発行管理者がいない

従来の通貨では、政府や中央銀行といった管理者が通貨発行をコントロールするのに対し、仮想通貨は管理者が存在しません。その代わり、利用者たちがネットワーク上で唯一かつすべての取引履歴を、相互に保管しあいます。通貨の発行はこの取引履歴の健全性を維持するために、有志が供出する計算資源が行った計算に対して行われます。この計算によって新しい通貨を発行する行為を採掘(マイニング)と呼び、発掘を行うための計算を行うものを採掘者(マイナー)と呼びます。そして、新しく発行された通貨は、マイナーに対して報酬として支払われます。

2. 不正な発行(発掘)や悪用防止のため暗号化の技術を使う

仮想通貨の大きな特徴として、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴があります。ブロックチェーンでは、一定期間で発生した取引の履歴がブロックと呼ばれる単位で記録され、各ブロックはそのブロックが作られる前に行われた取引履歴である、別のブロックのIDを保有しています。これを遡ると、過去全ての取引履歴を確認することができるのです。この過去から現在までの取引履歴であるブロックが時系列でつながっていることが、ブロックチェーン(ブロックの鎖)と呼ばれる理由です。
ブロックチェーンは二重取引や改ざん対策として、公開鍵暗号を利用した署名・暗号学的ハッシュ関数・確率などのファクターを使い、安全性を担保しています。

3. 海外への送金にかかるコストと手間が少ない

海外へ送金するときには、国内での送金と異なり「送金手数料」「為替手数料」「受取手数料」という3つのコストや手間がかかります。送金手数料の相場は4,000円ほど、為替手数料は1ドルあたり1円ほど、受取手数料は相手側の金融機関で決められています。個人で海外へ送金する場合に、1回あたりの手数料がこれだけかかると大きな負担になりますが、仮想通貨であれば世界中どこへでも一律数円です。
送金にかかる時間も、通常の金融機関で数日、新興国では2週間もかかることがありますが、仮想通貨は約10〜30分で済みます。

有名なのはビットコイン

ビットコインは中本哲史なかもとさとしを名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。
ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転。取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。

ビットコインは、大手金融機関の参入や、マイクロソフトやデル、楽天米法人などでの支払い手段としての採用、2015年の投資規模がQ1のみで2.3億ドル、前年比で344%の成長と世界的な急成長を遂げている。

話題の仮想通貨Quanta(クオンタ)とは?

Quantaとは、Blockchain上で動作する’人間の介入しない宝くじ’です。
世界中で利用可能となり、スマホやPCで宝くじを購入可能になります。
また、利益還元率も人が介入しないことにより、現存のものよりもより多くの利益還元が見込まれています。

スマホやパソコンで利用できるBlockchainとSmartcontractという技術が世界で注目されている。

・Smartcontract

各工程の自動化と承認作業を世界中のネットワークで実施→中間コストの削減と不正防止
承認結果はBlockchain上に記録→人為的な改ざん防止

・Blockchain

分散型台帳技術
一連の取引の台帳をネットワーク全体で分散保持→第3者による信頼性の担保が不要

Quantaの担うマーケットは、2019年には年間40兆円を超えると予想される宝くじのマーケットに加え、世界人口をも上回る75億回線もの契約数を誇る携帯電話ユーザーのマーケットも視野に入れています。今後世界の人口増加の割合について、新興国、中進国の中間所得層が先進国を遥かに凌駕する時代になっていきます。それらのすべてを最先端のブロックチェーン技術で、世界中の誰もが参加できる新たなる新経済(ニューエコノミー)の創造を目指します。

宝くじってどこが主催してるの?

当せん金支払い分と事務経費を差し引いた残りの宝くじの収益金は、発売元の都道府県と政令指定都市の収入になります。
政令指定都市で販売された分については全てその都市に、それ以外の市区町村で販売された分は所属してる都道府県に、それぞれ納められる。

還元率も低い

 - 未分類

×