仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

ビットコインなどの仮想通貨と電子マネーの違い

   


仮想の通貨とは
ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

電子マネーとは何か

「電子マネー」の用語は、日常幅のある意味で使われることも多いですが、ひとつの整理としては、金銭的な価値をもつ電子的なデータということができます。電子マネーの利用者は、電子マネーを利用して、現金等と同じように、モノを買ったりサービスを受けたりすることができます。

現在、わが国で発行されている電子マネーは、一般的に次のような仕組みとなっています。

まず、(1)電子マネーの利用者Xは、電子マネーの発行者Aに対して現金等を提供して電子マネーの発行を請求し、これを受けて、AはXに対して電子マネーを渡します(電子的なデータをカードに記録することなどにより行われます)。次に、(2)Xは、Aから受け取った電子マネーを、例えばYからモノを買った代金として、Yに渡します。最後に、(3)AはYの請求により、電子マネーと引換えにYに現金等を支払います。

仕組み
この仕組みのポイントは、利用者Xが電子マネーを使うのに先立ち、予め現金等の資金を発行者Aに渡して(支払って)いることです。このことは、電子マネーの発行者Aが、Yからの請求に応じて、電子マネーを現金等に引き換えてあげることが前提になっています。

仮想通貨と電子マネーの違いとは

決定的な違いとして、まずは以下3つを理解してください。

ページ: 1 2

 - 未分類

×