仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

Hive Walletの中のLiteCoinを別のウォレットに送金する方法

   


(悲報)Hive Walletの開発中止(すべてはここから始まった・・・)

簡単に要約翻訳↓
ごめんなさい。Hiveは開発費用の不足により,開発できなくなりました。ソースコード(システムの仕組み)を公開しています(編注;だから誰でもシステム開発できるよ!むしろ誰かやってくれると嬉しいな!)
Hive WebとiPhoneはBIP32/BIP39という暗号システムを使ってます!最初の12フレーズを入れれば、ビットコインはbreadWalletかMyceliumというウォレットを使えば開けると願ってます!
Hive Walletの開発は終了してしまうけど,この問題をなんとかしてくれるであろう素晴らしい未来の人ために,サーバーにはアクセスできるようにしておきます!でも,わたしたちはもう何もできないので,他の人に聞いてね。

神,降臨!!(ただし英語が読める人とって)

上記のページを読んで試行錯誤した結果,他のウォレットに移すことができました!
以下,英語が不得意でPCにも強くない多くの仲間たちに,日本語でわかりやすくシェアします!

1 まずは下準備

HiveのサーバーにあるLiteCoinにアクセスするためのウォレットを作ります。
基本はアクセスできれば,なんでもいいと思います。神がおすすめしていたのがlitevaultでしたので,解説はこちらでします。

E-Mail
パスワード
パスワード(確認用)
を入力して「Create Account」をクリック

※パスワードは忘れないでね!

IDがポップアップで出てくるので
コピーして
「Close」をクリック

※個人情報なので隠しています

先ほど取得したIDを入力
(最初から入っていればなおよし)
パスワードを入力

ログインできればOK

下準備完了です。

さて,ステーキの下のマッシュポテトのように重要な下準備が終わりました。
大丈夫ですか?ついてきていますか?ここからが本番ですよ!

2 暗号を変換する

「Number of words」に【12】
「Coin」に【LiteCoin】
を入力する

「BIP39 Mnemonic」に
HiveWalletを開くための12単語を入力する
(12単語はスペースで区切る)

※この12単語がわからなくなった場合は,救済できません※

入力していくうちに、色々なものが自動で表示されていきます。

そのまま下へスクロール

「Derivation Path」のすぐ下
初期表示のタブ「BIP44」を
【BIP32】をクリック

※個人情報は隠しています※

「Hive Wallet」UsePath【m/0'/0】を
「BIP32 Derivation Path」にコピペする

そのまま下へスクロール

ページ: 1 2

 - 未分類

×