仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

取引価格が暴落!仮想通貨『ビットコイン』の正体とは?

   


Bitcoint (ビットコイン)とは?

オープンソースなピアツーピア型の電子マネーで、暗号通貨の一種である。

ビットコインの仕組み

Bitcoint には中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

実際の通貨と同じく、経済の状況や需要によって交換レートが変動します。ネット上に存在する取引所では、ドルやユーロ、円など、さまざまな通貨と交換することができます。

一般的なデジタル通貨は、取引所で既存通貨とデジタル通貨を両替することで手に入れられます。これに対してビットコインの入手経路は、両替所だけではありません。自らの手で「採掘」することも可能です。

ビットコインを手に入れるには?

いくつかある取引所のなかでも最大手の「Mt.Gox(マウントゴックス)」は、東京の渋谷にオフィスを設置。
取引所のサイトは日本語にも対応しており、取引に必要な口座開設なども含め、ビットコインを手にするための手続きは、さほど難しくありません。

個人情報を登録し、運転免許証など個人と住所を証明する書類をスキャンして送信する。
ネット銀行に口座を作るのと同様の手続きで、30分程度で申請作業は完了。
2日ほどで口座ができた。

ビットコインには貨幣を製造する組織が無く、bitcoin minerと言われるソフトによって誰でも生成することが出来ます。
ただし、ビットコインの生成量はあらかじめ決められていて、年々採掘によって生成されるビットコインの量は少なくなります。

ビットコインの価格は?

ビットコイン取引サイトでは、わずか2カ月あまりで取引価格が10倍以上に急騰し、時価総額にして1兆5000億円にも達した。

市場に出回るコインの総数は2021年頃には 20,999,999.9769 BTC となりそれ以上増える事はない。
従って価値が上がれば、1BTC当たりの単価が高くなり小数点以下での取引が一般的となる模様。
発行総数が決まっているため、今後単価の値上がりが期待される。

ビットコインのメリット

ビットコインのデメリット

日本の通販サイトでは、記者がチェックした限り、まだビットコインを使用できるところがないようです。

 - 未分類

×