仮想通貨(暗号通貨)とは?

♪ビットコインに投資で稼ぐ!あれこれ。

ビットコインなどの仮想通貨が法的に「貨幣」として位置付けられるように!

   


ビットコインとは?

ビットコイン(Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。

ビットコインの通貨単位はビットコイン(bitcoin)である。2014年現在、ビットコインを表わす記号には BTC、XBT、BitcoinSign.svg がある[27]:2。補助単位としては、ミリビットコイン(mBTC)、マイクロビットコイン(µBTC)、サトシ(satoshi)が存在する。サトシはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコインにあたる[28]。マイクロビットコインは100万分の1ビットコインで、単にビットと呼ばれることもある。

取引の正当性はピアツーピアネットワークによって担保される[1]。

中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。

従来、ビットコインは「民法上の通貨」として扱われておらず、資金決済法の対象外であった。

日本においては、ビットコインはドルやユーロなどと同様に強制通用力[94]がないため民法の通貨ではない[95]。電子マネーとは異なり資金決済に関する法律の対象とはならない。金融商品取引法上の有価証券にも該当しない[96]。法的責任を持った発行主体がなく払い戻しの約束が存在しないというビットコインの性質が、既存法律の想定外の存在としている。

ビットコインを法的に位置付けて貨幣として認定し、それに伴う法規制が盛り込まれた資金決済法改正案が閣議決定された

政府は本日、ビットコインなど仮想通貨に対する初めての法規制案を閣議決定した。仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認定し、決済手段に利用できると位置付けた。現在開かれている通常国会で資金決済法を改正し成立を目指すとしている。

ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定

ページ: 1 2

 - 未分類

×